弁護士等紹介

藤井 正夫

藤井 正夫FUJII Masao

役職
パートナー
電話番号
03-3214-6251
メール
mfujii@iwatagodo.com

略歴

1948年6月
香川県生
1967年3月
高松第一高等学校卒業
1971年3月
中央大学法学部卒業
1971年-1980年
会社取締役
1984年3月
最高裁判所司法研修所終了(36期)
1984年4月
弁護士登録、岩田合同法律事務所入所
2004年-
会社(3社)社外監査役
2008年9月-
スポーツ仲裁機構仲裁人候補者、調停人候補者
2010年-2015年
銀行社外取締役

主な事件・案件・業務

自動車欠陥損害賠償請求棄却事件、証券会社損失補填株主代表訴訟請求棄却事件、単位未満株式買取請求棄却事件、総量規制・公定歩合引き上げによる地価下落損害賠償請求棄却事件、発電所海水汚染損害賠償請求棄却事件、新聞印刷機特許権製造差止損害賠償請求棄却事件など(いずれも勝訴)

主な著作・論文等

・社員全員の承認がある場合の持分譲渡の効力(判例タイムズ平成9年度主要民事判例解説(最判平成9.2.27))
・損失補填に関する株主代表訴訟(判例タイムズ平成10年度主要民事判例解説(東地平成10.5.14))
・株主総会の決議なく支給された退職慰労金(判例タイムズ平成11年度主要民事判例解説(名高平成10.9.29))
・裁判上の和解による自己株式取得の効力(判例タイムズ平成12年度主要民事判例解説(東高平成11.6.30))
・株式移転による当事者適格の効力(判例タイムズ平成13年度主要民事判例解説(東地平成13.3.29))
・税務申告用会計明細書の附属明細書備置義務違反の総会決議の効力(判例タイムズ平成14年度主要民事判例解説(福高宮崎支部平成13.3.2))
・蛇の目ミシン株主代表訴訟(判例タイムズ平成15年度主要民事判例解説(東高平成15.3.27))
・退任理事への訴え提起の場合の組合代表者(判例タイムズ平成16年度主要民事判例解説(最判平成15.12.16))
・ライブドア/日本放送新株予約権発行差止事件(判例タイムズ平成17年度主要民事判例解説(東高平成17.3.23))
・自家用自動車総合保険における事故の偶発性の主張立証責任(判例タイムズ平成18年度主要民事判例解説(最判平成18.6.1))
・災害補償共済における傷害が疾病を原因として生じたものでないことの主張立証責任(判例タイムズ平成19年度主要民事判例解説(最判平成19.7.16))

論文・著書

  • 2019.02
    論文・著書

    藤井正夫弁護士、大櫛健一弁護士、羽間弘善弁護士らが電力会社(被告)の代理人として関与し、損害賠償請求の全部棄却が認められた事例(福島地会津若松支判平成30年3月26日)が判例時報No2391号に掲載されました。

    執筆者:
    藤井 正夫  大櫛 健一  羽間 弘善