草創期

丸の内での事務所開設

※三菱仲14号館 (出展)三菱地所株式会社 「丸の内百年のあゆみ 三菱地所社史」
※三菱仲14号館 (出展)三菱地所株式会社 「丸の内百年のあゆみ 三菱地所社史」

岩田合同法律事務所の歴史は、司法大臣や日本弁護士連合会会長を歴任した岩田宙造弁護士が、明治35年(1902年)、築地に「岩田宙造法律事務所」を開設したことに始まります(以下、岩田宙造法律事務所時代の当事務所を「岩田事務所」といいます。)。
その後、明治39年(1906年)には、我が国初のオフィス街であり、当時「一丁ロンドン」と呼ばれた丸の内の三菱仲14号館(注)に事務所を移転させ、旧丸ノ内ビルヂング(丸ビル)に移転するまでの長い間、同地において、日本における企業法務を中心とする法律事務所の草分けとして、所属弁護士を増加させながら発展を遂げました。

(注)三菱ビルに隣接する旧三菱重工ビル(現、丸ノ内二丁目ビル)の敷地が、三菱仲14号館の跡地です。

専門分野の確立

岩田事務所設立当初、岩田宙造弁護士は、銀行業務のほか、海上保険を中心とする海運関係の専門家になろうと考えていました。そこで、郷里山口の隣村の出身で、東京帝国大学在学中から面識のあった伊藤博文に、日本銀行と郵船会社への橋渡しを願い出ます。この大胆な申出が功を奏し、岩田宙造弁護士は両社の顧問として迎えられます。そして、海商法及び海上保険法を研究した岩田宙造弁護士は、「下関港における梅ヶ香丸白昼沈没損害賠償事件」「釧路港の竹の浦丸沈没保険金請求事件」などの解決に尽力し、海事審判の専門家として盛名を馳せるようになります。さらに、岩田宙造弁護士は、日本銀行の法律顧問として、銀行業務に関連する法律問題に関して多くの意見書(法律鑑定書)を作成しました。
その後、岩田宙造弁護士は、我が国の中央銀行のみならず、植民地下にあった台湾や朝鮮の中央銀行、現在の電力会社にあたる東京電燈等の有力企業からも意見書作成の依頼を受けるようになり、民・商事に関する法律鑑定は岩田事務所の有力分野となりました。

年表