弁護士等紹介

別府 文弥

別府 文弥BEPPU Fumiya

役職
アソシエイト

略歴

1985年2月
鹿児島生
2003年3月
ラ・サール高校卒業
2008年3月
東京大学法学部第一類卒業
2010年3月
東京大学法科大学院修了
2011年12月
最高裁判所司法研修所修了(新64期)
2011年12月
弁護士登録
2012年1月
西村あさひ法律事務所入所
2013年3月
当事務所入所
2017年5月
カリフォルニア大学バークレー校卒業(LL.M.)
2017年9月-
Jenner&Block法律事務所,シカゴオフィス勤務

主な事件・案件・業務

M&A取引、株主総会対応、紛争解決(訴訟・仲裁・調停)、その他企業法務全般(コーポレートガバナンス、国内・国際商取引における契約書作成、業規制、労働法関係)に関する法的助言を行う。

抱負

一つ一つの案件に誠実に取り組むとともに、日々研鑽に励み、クライアントの皆様からの信頼を得られるよう努めて参りたいと存じます。

主な著作・論文等

≪著書≫
・The Anti-Bribery and Anti-Corruption Review (Japan Chapter) (Law Business Research 2015)
・Q&A 社外取締役・社外監査役ハンドブック(編著 日本加除出版 2015年)
・IPOと戦略的法務-会計士の視点も踏まえて(共著 商事法務 2015年)
・Getting the Deal Through:Enforcement of Foreign Judgments(Japan Chapter)(Law Business Research 2014)
・Q&Aインターネットバンキング(共著 きんざい 2014年)
・法務担当者のための民事訴訟対応マニュアル【第2版】(共著 商事法務 2014年)

≪論考≫
・新商事判例便覧(共著 旬刊商事法務 2016年1月~)
・特集 改正会社法と実務対応Q&A(共著 金融法務事情2014年9月25日号)

論文・著書

  • 2016.10
    論文・著書

    田子真也弁護士、Landry Guesdon外国法事務弁護士、別府文弥弁護士が執筆した"Distribution country questions:Japan"、"Product liability country questions: Japan"、及び"Product regulation, safety and recall country questions: Japan"がThomson ReutersのPractical Lawに掲載されました。

  • 2016.06
    論文・著書

    本村健弁護士、吉原朋成弁護士、伊藤広樹弁護士、青木晋治弁護士、大浦貴史弁護士及び別府文弥弁護士が執筆した「新商事判例便覧No.685」が、旬刊商事法務2104号に掲載されました。

  • 2016.05
    論文・著書

    本村健弁護士、吉原朋成弁護士、伊藤広樹弁護士、青木晋治弁護士、大浦貴史弁護士及び別府文弥弁護士が執筆した「新商事判例便覧No.684」が、旬刊商事法務2101号に掲載されました。

  • 2016.04
    論文・著書

    本村健弁護士、吉原朋成弁護士、伊藤広樹弁護士、青木晋治弁護士、大浦貴史弁護士及び別府文弥弁護士が執筆した「新商事判例便覧No.683」が、旬刊商事法務2099号に掲載されました。

  • 2016.03
    論文・著書

    本村健弁護士、吉原朋成弁護士、伊藤広樹弁護士、青木晋治弁護士、大浦貴史弁護士及び別府文弥弁護士が執筆した「新商事判例便覧No.682」が、旬刊商事法務2096号に掲載されました。

  • 2016.03
    商事法務ポータル

    別府文弥弁護士による「王将フードサービス、平成28年3月11日付で取締役会評価の結果の概要を公表」と題する解説が、商事法務ポータルサイトに掲載されました。

  • 2016.02
    論文・著書

    本村健弁護士、吉原朋成弁護士、伊藤広樹弁護士、青木晋治弁護士、大浦貴史弁護士及び別府文弥弁護士が執筆した「新商事判例便覧No.681」が、旬刊商事法務2093号に掲載されました。

  • 2016.01
    論文・著書

    本村健弁護士、吉原朋成弁護士、伊藤広樹弁護士、青木晋治弁護士、大浦貴史弁護士及び別府文弥弁護士が執筆した「新商事判例便覧No.680」が、旬刊商事法務2090号に掲載されました。

  • 2016.01
    論文・著書

    鈴木正人弁護士、松田章良弁護士及び別府文弥弁護士が日本における贈収賄等の汚職規制に関し執筆した英文論稿"The Anti-Bribery and Anti-Corruption Review Fourth Edition"が、英国Law Business Research社より出版されました。

    執筆者:
    鈴木 正人  松田 章良  別府 文弥 
  • 2015.12
    商事法務ポータル

    別府文弥弁護士による「東京地裁、英単語の語呂合わせの内容が類似する被告書籍の複製及び譲渡の差止め他を求めた原告の請求を棄却」と題する解説が、商事法務ポータルサイトに掲載されました。

  • 2015.11
    論文・著書

    田子真也弁護士、Landry Guesdon外国法事務弁護士、別府文弥弁護士により、日本における販売店・代理店契約、製造物責任法、製品規制(安全性、リコールを含む)の3つテーマについて英文で解説したQ&Aが、Thomson Reuters のPractical Law に掲載されました。

  • 2015.09
    商事法務ポータル

    別府文弥弁護士による「コーポレート・ガバナンス報告書の動向」と題する解説が、商事法務ポータルサイトに掲載されました。

  • 2015.06
    商事法務ポータル

    別府文弥弁護士による「TDK、取締役会の実効性の分析・評価に関するプレスリリースを公表」と題する解説が、商事法務ポータルサイトに掲載されました。

  • 2015.05
    商事法務ポータル

    別府文弥弁護士による「「持続的成長に向けた企業と投資家の対話促進研究会」報告書」と題する解説が、商事法務ポータルサイトに掲載されました。

  • 2014.12
    商事法務ポータル

    別府文弥弁護士による「金融庁、コーポレートガバナンス・コードの策定に関する有識者会議(第7回)」と題する解説が、商事法務ポータルサイトに掲載されました。

  • 2014.10
    論文・著書

    田子真也弁護士、工藤良平弁護士及び別府文弥弁護士が執筆した“Getting the Deal Through - Enforcement of Foreign Judgments 2015 - Japan”がLaw Business Researchに掲載されました。

    執筆者:
    田子 真也  工藤 良平  別府 文弥 
  • 2014.09
    論文・著書

    田路至弘弁護士、泉篤志弁護士、臼井幸治弁護士、大櫛健一弁護士、柏木健佑弁護士、永口学弁護士、伊藤広樹弁護士、松田貴男弁護士、青木晋治弁護士、加藤真由美弁護士、武藤雄木弁護士、鬼丸のぞみ弁護士、深沢篤嗣弁護士、荒田龍輔弁護士、冨田雄介弁護士、佐藤喬城弁護士、坂本雅史弁護士、工藤良平弁護士、別府文弥弁護士及び唐澤新弁護士が執筆した「特集=改正会社法と実務対応Q&A M&Aに関連する改正項目」が金融法務事情2002号に掲載されました。

  • 2014.09
    商事法務ポータル

    別府文弥弁護士による「法務省、「民法(債権関係)の改正に関する要綱仮案」(8月26日決定)を公表」と題する解説が、商事法務ポータルサイトに掲載されました。

  • 2014.08
    論文・著書

    上田淳史弁護士、臼井幸治弁護士、別府文弥弁護士が銀行側代理人として関与した東京地裁平成26年4月25日判決(「月・日」の記載しかない自筆証書遺言は「日付」の記載を欠き無効である旨判示)の評釈記事が、金融法務事情1999号に掲載されました。

    執筆者:
    上田 淳史  臼井 幸治  別府 文弥 
  • 2014.03
    論文・著書

    本村健弁護士、鈴木正人弁護士、大櫛健一弁護士他当事務所の弁護士16名が執筆に参加した「Q&Aインターネットバンキング」が、日本経済新聞(2014年3月16日付)に、ビジネス書ランキング4位として掲載されました。

  • 2014.02
    論文・著書

    本村健弁護士、鈴木正人弁護士、大櫛健一弁護士他当事務所の弁護士16名が執筆に参加した「Q&Aインターネットバンキング」が、きんざいより刊行されました。

お知らせ

  • 2016.07

    別府文弥弁護士が、7月よりUniversity of California, Berkeley校へ留学致しました。

  • 2013.03

    別府文弥弁護士が入所いたしました。