弁護士等紹介

上田 淳史

上田 淳史UEDA Atsushi

役職
パートナー
外国語
英語
メール
aueda@iwatagodo.com

略歴

1972年4月
東京都生
1991年3月
私立駒場東邦高等学校卒業
1996年3月
慶應義塾大学法学部法律学科卒業
1998年3月
最高裁判所司法研修所修了(50期)
1998年4月
弁護士登録・当事務所入所
2005年5月
Northwestern University School of Law 卒業(LL.M.)
2005年-2006年
Hughes Hubbard & Reed LLP (New York)
2007年1月
ニューヨーク州弁護士登録
2010年-2013年
全国地方銀行協会コンプライアンス検定問題作成委員
2012年-2016年
東京地方裁判所民事調停官(非常勤裁判官)

主な事件・案件・業務

メガバンク・地域金融機関・サービサー等を依頼者とする金融法務相談、意見書作成、ADR・訴訟案件を幅広く取り扱う。その他に、様々な事業会社を依頼者とする各種商取引や人事労務関連等の法的助言・紛争処理・訴訟案件を日常的に手掛けるのみならず、買収・組織再編案件についても数多くの経験を有している。さらに、留学経験や米国法律事務所での執務経験を生かし、主に顧問会社から持ち込まれる渉外案件にも数多く関与している。
近時は、東京地方裁判所民事第22部(調停・建築・借地非訟部)において、4年間にわたり民事調停官(いわゆる非常勤裁判官)を務め、多数の困難な調停事件を解決に導いた実績を有する。

抱負

クライアントの皆様の様々なニーズに精確・迅速に対応できるよう、また、様々な法分野に果敢にチャレンジしていく「攻めの弁護士」を志向して、日々研鑽・精進したいと考えています。

主な著作・論文等

・新・株主総会物語(共著 商事法務 2017年)
・時代を彩る商事判例(共著 商事法務 2015年)
・新商事判例便覧六〇年の歴史-時代を彩った裁判例を振り返る-(共著 旬刊商事法務2015年1月25日号-2月25日号)
・法務担当者のための民事訴訟対応マニュアル【第2版】(共著 商事法務 2014年)
・家事事件と銀行実務(共著 日本加除出版 2013年)
・株主総会物語(共著 商事法務 2012年)
・Distribution & Marketing of Drugs:Jurisdictional Comparisons(Japan Chapter)(The European Lawyer Reference Series 2012)
・地域金融機関と株主総会Q&A(共著 金融法務事情1919号 2011年)
・米国クラスアクション公正法の評価と日本企業への影響(共著 旬刊商事法務1769号 2006年)
・新商事判例便覧(共編 旬刊商事法務連載)

論文・著書

講演・セミナー

  • 2012.12

    全国地方銀行協会主催の「地方銀行におけるリスク性商品の販売・勧誘ルールの現状と今後の対応策」と題するパネルディスカッションに、田路至弘弁護士、上田淳史弁護士及び坂本倫子弁護士がパネラーとして参加登壇し、本村健弁護士がコーディネーターを務めました。

お知らせ

  • 2016.06

    上田淳史弁護士、田中貴士弁護士、大浦貴史弁護士が銀行側代理人として関与した東京高裁平成28年4月28日判決(主債務者が反社会的勢力であった場合において、銀行に対し信用保証した信用保証協会による保証契約の錯誤無効・調査義務違反による免責の主張を排斥し、さいたま地裁平成27年10月2日判決の結論を維持)の評釈記事が、金融・商事判例1493号に掲載されました。

  • 2016.05

    上田淳史弁護士、田中貴士弁護士、大浦貴史弁護士が銀行側代理人として関与した東京高裁平成28年4月14日判決の評釈記事が、金融・商事判例1491号、金融法務事情2042号に掲載されました。

    上田淳史弁護士、田中貴士弁護士、大浦貴史弁護士が銀行側代理人として関与した東京高裁平成28年4月14日判決(金融機関が信用保証協会の保証付きで融資を行った先が反社会的勢力であることが事後的に判明した場合に、①信用保証協会の錯誤無効の主張は認められない旨、②主債務者が反社会的勢力であるかについて金融機関に調査義務違反が認められるときは、保証契約違反として保証免責となる旨を判示した最高裁平成28年1月12日判決の差戻審として、?銀行の調査義務違反を否定したもの)の評釈記事が、金融・商事判例1491号、金融法務事情2042号に掲載されました。

  • 2016.02

    上田淳史弁護士、田中貴士弁護士、大浦貴史弁護士、坂本雅史弁護士が銀行側代理人として関与した最高裁平成28年1月12日判決(金融機関が信用保証協会の保証付きで融資を行った先が反社会的勢力であることが事後的に判明した場合に、1.信用保証協会の錯誤無効の主張は認められない旨、2.主債務者が反社会的勢力であるかについて金融機関に調査義務違反が認められるときは、保証契約違反として保証免責となる旨を判示した事例)の評釈記事が、金融・商事判例1483号、金融法務事情2035号に掲載されました。

  • 2015.11

    上田淳史弁護士、田中貴士弁護士、大浦貴史弁護士が銀行側代理人として関与したさいたま地裁平成27年10月2日判決(主債務者が反社会的勢力関連企業であった場合において、銀行に対して信用保証した信用保証協会の錯誤無効の主張を排斥した事例)の評釈記事が、金融・商事判例1478号に掲載されました。

  • 2014.04

    若林茂雄弁護士、上田淳史弁護士、大浦貴史弁護士が銀行側代理人として関与した東京高裁平成26年3月12日判決(主債務者が反社会的勢力であった場合において、銀行に対して信用保証した信用保証協会の錯誤無効等の主張を排斥した東京地裁平成25年4月24日判決を維持)の評釈記事が、金融法務事情1991号、金融・商事判例1439号に掲載されました。

  • 2014.02

    上田淳史弁護士、大浦貴史弁護士が銀行側代理人として関与した東京高裁平成26年1月30日判決(主債務者が企業実体を有しない者であった場合において、銀行に対して信用保証した信用保証協会の錯誤無効等の主張を排斥した東京地裁平成25年8月8日判決を維持)の評釈記事が、金融法務事情1988号、金融・商事判例1435号に掲載されました。

  • 2012.10

    上田淳史弁護士が、東京地方裁判所(民事第22部)民事調停官(非常勤裁判官)に就任致しました。

  • 2010.01

    上田淳史弁護士がパートナーに就任致しました。