弁護士等紹介

久木元 さやか

久木元 さやかKUKIMOTO Sayaka

役職
アソシエイト

略歴

1992年12月
東京都生
2011年3月
私立雙葉高等学校卒業
2015年3月
東京大学文学部行動文化学科卒業
2017年3月
東京大学法科大学院修了
2018年12月
最高裁判所司法研修所修了(71期)、弁護士登録
2018年12月
当事務所入所

抱負

常にクライアントの皆様に寄り添い、信頼していただける法曹となるべく、一つ一つの案件に真摯に向き合って、日々成長していきたいと考えております。

論文・著書

  • 2019.09
    最高裁判所判例紹介

    【最高裁判所判例紹介】平成31年3月7日 最高裁第一小法廷判決 売買代金請求本訴、損害賠償請求反訴事件

    最高裁は、違法な仮差押命令の申立てと、債務者がその後に債務者と第三債務者との間で新たな取引が行われなくなったことにより喪失したと主張する得べかりし利益の損害との間には、債務者と第三債務者との間の取引が反復継続して行われるものと期待できるだけの事情および第三債務者が債務者との新たな取引を行わない理由として仮差押命令の執行を特に挙げていたという事情等がないという事実関係の下では、相当因果関係が認められない旨判示した。

    執筆者:
    久木元 さやか 
    監修者:
    若林 茂雄 

お知らせ