弁護士等紹介

佐々木 智生

佐々木 智生SASAKI Tomoo

役職
アソシエイト

略歴

1991年10月
山形県生
2010年3月
山形県立山形東高等学校卒業
2014年3月
一橋大学法学部卒業
2016年12月
最高裁判所司法研修所修了(69期)
2016年12月
弁護士登録・当事務所入所

抱負

クライアントの皆様に寄り添える弁護士になりたいと思い、法曹を志しました。ご満足頂けるよう、初心を忘れないで謙虚に、そして着実に、一歩一歩邁進して参ります。

論文・著書

  • 2017.03
    最高裁判所判例紹介

    【最高裁判所判例紹介】平成29年2月28日 第三小法廷判決 賃金請求事件

    本件は、Yに雇用され、タクシー乗務員として勤務していたXらが、歩合給の計算に当たり残業手当等に相当する金額を控除する旨を定めるYの賃金規則上の定めが無効であり、Yは、控除された残業手当等に相当する金額の未払賃金の支払義務を負うと主張して、Yに対し、未払賃金等の支払を求めた事案である。
    最高裁は、上記の賃金規則における定めが公序良俗に反し無効であるとした原審の判断に違法があると判断し、原審を破棄し差戻した。

    執筆者:
    佐々木 智生 
    監修者:
    若林 茂雄