弁護士等紹介

丸山 真司

丸山 真司MARUYAMA Shinji

役職
アソシエイト

略歴

1979年2月
大阪府生
1997年3月
私立灘高等学校卒業
2007年3月
東京大学法学部卒業
2008年9月
最高裁判所司法研修所修了(旧61期)
2008年9月
弁護士登録・当事務所入所
2013年-2018年
Rajah & Tann LLP (本部:Singapore)バンコクオフィス勤務

主な事件・案件・業務

国際カルテル案件、株主総会指導、金融商品に関する調停(金融機関側)、各種執行・保全事件、各種保険金請求事件(保険会社側)、各種国際紛争案件、各種訴訟案件、各種意見書、M&A、不動産ファイナンス、危機管理対応等企業法務全般。

抱負

全ての案件に誠実に取り組み、クライアントの皆様から信頼される弁護士となれるようより一層努力していく所存でございます。

主な著作・論文等

・時効・期間制限の理論と実務(共著 日本加除出版 2018年)
・旬刊商事法務・新商事判例便覧(連載・共編 2010年9月~)
・営業店における反社会的勢力への謝絶対応と留意点(共著、銀行実務2011年12月号)
・特集オール・アバウト地域金融機関の株主総会対策(共著、金融法務事情1919号、2011)
・”Distribution & Marketing of Drugs: Jurisdictional Comparisons” (Japan Chapter) (The European Lawyer Reference Series, 2012)

論文・著書

講演・セミナー

  • 2013.03

    丸山真司弁護士が、第24回民暴対策拡大研修会(平成25年3月5日開催)の模擬株主総会におきまして、パネリストとして登壇し、論点解説の執筆を担当しました。

    講演者: 丸山 真司 

  • 2012.03

    丸山真司弁護士が、第23回民暴対策拡大研修会(平成24年3月6日開催)の模擬株主総会で論点解説の執筆を担当しました。

    講演者: 丸山 真司 

お知らせ

  • 2013.05

    丸山真司弁護士が、5月1日より、1年間の予定で、ラジャ・タン法律事務所(Rajah & Tann LLP 本部:シンガポール)のバンコクオフィスに出向し研修を開始いたしました。

  • 2008.09

    丸山真司弁護士が入所いたしました。