弁護士等紹介

青木 晋治

青木 晋治AOKI Shinji

役職
パートナー
電話番号
03-3214-6241
メール
saoki@iwatagodo.com

略歴

1982年6月
東京都生
2001年3月
私立慶應義塾高等学校卒業
2005年3月
慶應義塾大学法学部法律学科卒業
2007年3月
慶應義塾大学法科大学院修了
2008年12月
最高裁判所司法研修所修了(新61期)
2008年12月
弁護士登録・当事務所入所

主な事件・案件・業務

株主総会指導、デリバティブに関する裁判・金融ADR(金融機関側)、各種執行・保全事件、破産事件(債権者側)、各種保険金請求事件(保険会社側)、各種労働事件(使用者側)、発信者情報開示請求事件(プロバイダ側)、行政文書開示請求事件(医療機器メーカー側)、その他各種訴訟案件、M&A、危機管理対応などの企業法務全般。

抱負

個々の案件に最善の努力を尽くし、クライアントの皆様のご要望に対し適時に適切な助言を提供できるよう心掛けて参りたいと考えております。

主な著作・論文等

・時効・期間制限の理論と実務(共著 日本加除出版 2018年)
・新・株主総会物語(共著 商事法務 2017年)
・特集オール・アバウト地域金融機関の株主総会対策(共著 金融法務事情1919号 2011年)
・民事再生手続における取立委任手形にかかる商事留置権の効力(共著 NBL969号 2012年)
・金融ADRから学ぶ実務対応(共著 銀行実務2012年10月号)

論文・著書

講演・セミナー

お知らせ

  • 2018.01

    佐藤修二弁護士、青木晋治弁護士、武藤雄木弁護士がパートナーに就任いたしました。

  • 2016.01

    田路至弘弁護士、大櫛健一弁護士、青木晋治弁護士、工藤良平弁護士ほかが金融機関(被告)代理人として関与し、請求の全部棄却が認められた東京高裁平成27年3月5日判決及びその原審である東京地裁平成26年9月9日判決(顧客に金融工学的手法により算出される時価評価に関する知識がなく、当該時価評価について説明がなされていなかったとしても適合性原則違反及び説明義務違反は認められないものとされた事例)の評釈記事が、金融法務事情2032号に掲載されました。